\即日審査カードローンおすすめ1位/

トップページ

「今日今すぐお金って借りれる?」
「職場や家族にバレずに借りれる?」

当サイトでは、今すぐお金を借りたいけど審査が不安という方に借りれる即日審査カードローンをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日審査カードローンランキング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座があれば、手続き後10秒程度で入金。その他の銀行の場合平日14時50分までに手続き完了で振込融資、どうしてもという時でも22時(一部の店舗は21時)までなら自動契約機を使えば当日中に借りれます)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

【必要書類について】
プロミスは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは健康保険証」と「住民票」が必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

【必要書類について】
アイフルは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「パスポートまたは顔写真ありの公的証明書類」が必要になります。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要です。

最短30分審査で即日融資。楽天銀行口座があればいつでも即時振込み。
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(楽天銀行の口座があれば24時間いつでもOK、14時までに手続き完了でその他の銀行でも振込融資)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦20歳以上の学生でもアルバイトやパートで安定収入があるなら借りれます。
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要
  • 最大30日間無利息
  • スマホでいますぐ書類審査の申し込みができます

【返済について】
アコムは、契約時の限度額に応じて毎月の最低返済額が変動します。限度額50万円で10万円借りた場合の毎月の返済額は3,000円以上となります。毎月払いだけでなく35日サイクルで払う方式もあります。

【必要書類について】
アコムは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証がない方は、「個人番号カード等」をご用意ください。
顔写真がない書類の場合は「住民票または納税証明書、公共料金の領収書」などの書類も必要です。
外国籍の方は、「在留カードまたは特別永住証明書」も必要になります。
お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。

「家族にバレたくない」「職場にバレたくない」とお悩みの方へ。スマホ申込でWEB完結!誰にもバレずに即日借りるなら!郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。早くお借り入れしたいなら、即日審査カードローンはここに決まり!

借り入れの基礎知識コラム

パソコンで現金自動支払機でのキャッシングを検索したときには、誰にでも簡単に貸し付けをしますよ、というようなサービス展開をしている業者もたくさんあります。ただ、スピーディーな貸し付けだけをウリにしている場所はトータル的にプラスアルファで手数料が高額になったりあまり利用するべきではない業者だということもあるので十分にチェックしてから利用するようにしましょう。

まず挙げられることは、審査内容がしっかりしていると通常の問題ない金利での借り入れに至ることが出来るために安心してキャッシングを利用することが出来るのです。


利用の仕方でカードローンでも得があります。



それは無利息期間サービスを活用することがポイントです。

業者によって期間に違いはありますが、そのほとんどが契約から30日間を設けており、期間内の返済であれば気になる利息が掛かりません。仮に、返済が終えてなくても、サービス期間は利息が掛からないのでこの間の分は請求されません。

請求される利息は期間を終えてからの日数に対してのみです。

先日の日曜日、子供が急に発熱と嘔吐を繰り返し、病院へ行くことになり財布を鞄から出したときにその前に使いすぎて、残り僅かな現金しか残っていない・・ということがありました。休日なので、どこかで現金を貸してもらえるか?と一瞬焦ってしまいましたが、スムーズにお金を借りることができたのです。こんなことになる前までは、休みの日でもキャッシングが利用できると全く知識もなく、考え付かなかったので、借入が平日と同じように1日中可能なことが判明して手軽に利用でき、便利なサービスだと思いました。

月収がある程度決まっているサラリーマンに比べて、自営業者ではどうしてもキャッシングの審査に落ちやすいです。


キャッシングの審査では安定した収入が望めることが条件になりますが、自営業の場合、収入にムラがあるため、返済計画が立てにくいというのが、審査落ちの理由になります。

今、キャッシングサービスには多くのものがあるので、業者によっては自営業者でも問題なく審査に合格し、融資を受けられることもあるものの、融資される金額は少なめです。なお、携帯電話しか持っていない自営業者の場合、審査に合格するのはさらに難しくなります。想像していた以上に今月は出費が多くお金が出来るだけ早く入り用になるケースもあるかと思いますが、その際、当日中に必要額を借り入れできるサービスがとても便利で手軽に使え、おすすめです。

出費に関して聞いた話ですと、お歳暮の時期や会社の忘年会お正月には子供たち用のお年玉もありいくらあっても現金が足りなかった・・といった風な共感できる事例も多数存在します。そういう時にこそ、キャッシングを使用すると不安な事が解消されるのでとても安心できます。



キャッシング会社が利益を上げられる仕組みは、借入をしている人から受け取る金利が利益の源となっています。

キャッシングは割と容易に借りることが可能ですが、その分、金利が高額になるので、返済に要する回数が多くなるに従って、多額の金利を支払う必要があります。
分割して返すから、ちょっとだけ少し多めに借り入れようかなとは思わないようにして、計画的に利用するようにしましょう。時々、キャッシングはどこがお薦めなのと訊かれることがありますが、銀行系が良いでしょう。
無難で地味な存在に見えますが、魅力が多いのです。
低金利なのに、500万円までといった融資枠の大きさは、小規模な融資はもちろん、大きな額を必要とするユーザーには特に魅力的に映るでしょう。昔から実績がある銀行が背景にあるのでダークなイメージとは無縁です。

その代わり、審査のハードルは少し上がるかもしれませんから、覚悟して手近で申し込むか、あるいは少しでも基準のゆるいところを狙うのが大事です。
ひと手間かけるだけのメリットはあると思いますよ。

カードローンの申込には審査が必要となってきますが、申込をした人の信用状況によって、カードローンの借入限度額が変わってきます。


借入できる最大金額は業者によって違ってきますが、そこまで変わりはないというのが現状です。
なぜかというと、良心的な正規の金融業者であれば、審査の方法がほぼ同じだからです。
ですから、一社で審査に通らなかった場合、他業者からの借入も望みが薄いと思われます。


お金を返す目途が立たず、債務整理を行った場合には、全てのカードローンの利用が不可となるのが原則です。これは借金返済を放棄したと信用情報に記録されているからで、この事実が信用情報に残っている期間中は他の貸付契約も全てできません。信用情報の保存期間は、最低で5年間なので、カードローンの再利用には、必要な日数が過ぎ行くのを余計なことをせずに待ちましょう。



貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
平成29年9月30日現在
【全業者数:286】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

おすすめ1位のプロミス